融解脂肪注射とは
  1. 脂肪融解注射とは
  2. 脂肪融解注射と市販ダイエット薬の比較
  3. 脂肪融解注射と脂肪吸引を比較
  4. 脂肪融解注射と食欲抑制薬を比較
  5. 脂肪融解注射のダウンタイム
  6. 脂肪融解注射の注意点
  7. 脂肪融解注射の歴史
融解脂肪注射とは
  1. ダイエットサプリメントでダイエット
  2. ファスティングでダイエット
  3. 運動でダイエット
  4. 食事療法でダイエット
  5. 体質改善でダイエット

美容クリニックランキング

脂肪融解注射と市販のダイエット薬の比較

市販のダイエット薬は、安価な製品も多く金銭的にも手軽に利用できるので、その効果が気になるという人も多いのではないでしょうか。

それならば、脂肪融解注射と市販のダイエット薬の比較についても行っておきたいものです。
市販のダイエット薬の効果を検証するならば、市販のダイエット薬がどのような方法で痩せることに対してアプローチしているのかを知る必要があります。
現在、市販されているダイエット薬には大きく分けて2つのタイプがあり、ひとつが食欲軽減タイプです。

食欲軽減タイプは、その名の通り食欲を抑制する効果があり、中枢神経を刺激して満腹感を感じさせることを目的としています。

もうひとつのタイプが、脂肪吸収ブロックタイプで、こちらは食事によって摂取した脂肪をいかに体内で吸収させないかに着目されています。
ちなみに脂肪吸収ブロックタイプのダイエット薬の主成分としても知られているオーリスタットという成分は、脂肪と共に体外へ排出されるため、体への負担が少なく、副作用も少ないため、広く一般的に用いられている成分です。

脂肪融解注射と市販のダイエット薬を比べてみた場合に、まず目立つのが手軽さです。
脂肪融解注射は、ダイエットを目的とした美容整形の中では手軽な部類に入りますが、それでも適切な施術を提供してくれる美容外科でのカウンセリングや通院が必要となります。

一方、市販のダイエット薬は服用方法さえ注意すれば、手軽に利用していけるメリットがあり、さらにこの手軽さは金銭面から考えた場合でもそうです。
市販のダイエット薬は千円から数千円程度の製品が多く安価となっていますので、1本数万円はする脂肪融解注射と比べると非常に手軽となります。
その反面、効果という部分においては脂肪融解注射に劣る部分があり、さらに脂肪融解注射は入念な医師のカウンセリングのもとに行われるので、適切なアプローチがしやすいのです。

また、市販のダイエット薬とはいっても、薬には違いないので副作用による影響もあります。
薬のタイプによっては副作用が原因となり多くの国で販売が制限されたり停止されたりするものもありますので、市販の薬だからといって決して侮ることはできません。
市販のダイエット薬は、簡単に手に入る薬も多いので、ダイエットの際に目を向けやすいですが、利用法を誤れば大きなトラブルに発展することも考えられなくはないので、利用する場合でもしっかりと詳細を確認した上で利用したいものです。

 

ダイエット(吸収阻害、宿便)系の薬
食欲抑制・脂肪燃焼系の薬
ご利用及び購入は自己責任でお願いします。
※筆者は別商品を当サイトで購入したことがありますが、特に問題はありませんでした。

 

上のサイトで色々なダイエット薬が紹介されています。