融解脂肪注射とは
  1. 脂肪融解注射とは
  2. 脂肪融解注射と市販ダイエット薬の比較
  3. 脂肪融解注射と脂肪吸引を比較
  4. 脂肪融解注射と食欲抑制薬を比較
  5. 脂肪融解注射のダウンタイム
  6. 脂肪融解注射の注意点
  7. 脂肪融解注射の歴史
融解脂肪注射とは
  1. ダイエットサプリメントでダイエット
  2. ファスティングでダイエット
  3. 運動でダイエット
  4. 食事療法でダイエット
  5. 体質改善でダイエット

美容クリニックランキング

脂肪融解注射と食欲抑制薬を比較

脂肪融解注射などの医師の管理下で行われるダイエットをメディカルダイエットといいますが、メディカルダイエットには注射を打ったりする以外にも内服薬によってダイエット効果を促進するものもあります。
代表的なものに食欲抑制薬があり、脂肪融解注射とはどのような部分が異なってくるのか考えてみましょう。
食欲抑制薬は、サノレックスという薬剤が用いられることが多く、これは食欲を抑えられない人の食欲調整に役立つ治療法です。
ダイエットの失敗は意思の弱さに関係する部分もありますが、自分の意思では抑えきれないくらいに食べることに対しての衝動が強い人もいます。
そのような人が食欲抑制薬を利用することによって、食欲抑制効果を得られ、結果的にダイエットに繋がるのです。
食欲抑制薬と脂肪融解注射の大きな違いは、脳にアプローチするか脂肪にアプローチするかの違いで、食欲抑制薬は摂食中枢に作用することによって食欲を抑制します。
一方、脂肪融解注射は体内に直接薬剤を注入して、脂肪を破壊することを目的としています。
そのため、食欲抑制薬と脂肪融解注射は根本的に違っていて、痩せるという目的こそ一緒ですが、食欲抑制薬は食べることに対しての抑制効果、脂肪融解注射は脂肪の溶解効果と同じメディカルダイエットでも全く違うアプローチ方法を駆使しているものなのです。
また、アプローチ方法こそ違いますが、リバウンドが少ないという点はどちら方法も同じで、ダイエットを志す人にとっては大きなメリットになるでしょう。
また、食欲抑制薬は内服によってダイエット効果を得るというものなので、薬の副作用についても心配があります。
脂肪融解注射は、薬を飲むわけではないので副作用についての心配は必要ありません。
食欲抑制薬の副作用には、喉が渇いたり、睡眠障害が考えられ、口がカラカラの状態が続いたり、夜寝られなくなるといった症状が発生する可能性があります。
そのため、食欲抑制薬を利用する場合には、薬を飲む時間を工夫するといったような副作用が出ても問題ないような対処が必要となってくるのです。
食欲抑制薬と脂肪溶解注射を比較してみると、適材適所で利用していく必要があるといえて、食欲を自身で制御できているような人が食欲抑制薬を利用しても効果は薄いですし、逆に肥満の根本の原因が食欲を抑えられないことにある人が脂肪溶解注射を利用しても再び太ってしまう可能性があります。
二つの治療法の違いをよく踏まえた上で、自分に最適な手段を選びたいものです。

 

メディカルダイエットについて

 

こちらのサイトではサノレックスをはじめ、様々なメディカルダイエットについて解説されています。