融解脂肪注射とは
ダイエット法

クリニックランキング

体験談

脂肪融解注射のダウンタイム

脂肪融解注射をはじめとした美容整形の治療を利用するつもりならば、ダウンタイムについての正しい知識も必要です。

ダウンタイムとは、施術後の様々な症状が回復したり、落ち着いたりするまでの期間のことを指し、ダウンタイムと一言でいっても美容整形の治療には術後の様々な症状が伴います。

手術に伴う腫れやアザ、麻酔による腫れ、脂肪融解注射と関係が深い脂肪吸引のダウンタイムならば内出血と、様々なダウンタイムが美容整形には伴うのです。
治療を利用する人にとっては、当然このダウンタイムの期間が短いほど利用しやすい治療法といえて、ダウンタイムには強い痛みや変化が伴うこともあるので、症状の大きさによっては私生活がままならないことも考えられます。

画期的なダイエット法としても話題になっている脂肪融解注射ですが、脂肪融解注射のダウンタイムは一体どの程度のものなのでしょうか。

脂肪融解注射は、体に負担の少ない治療法としても知られているので、一般的にダウンタイムの期間が短い治療法と考えてよいでしょう。
脂肪を強引に吸引したり、メスで切ったりすることもなく、注射を使って薬剤を注入するだけです。
また、一度に全ての施術を終えるというタイプの治療法でもなく、複数回に分けて治療が行われるので、その点からみてもダウンタイムが患者に与える影響が少なくなっています。

ダウンタイムには個人差もあるので、一概にこれとはいえませんが、人によっては全くダウンタイムを感じない場合もあるようです。
脂肪融解注射は部位ごとへの施術が可能で、施術可能な部位も多いので、ダウンタイムの影響の少なさと相まって、仕事に忙しい人でも私生活への影響を気にせずに利用できる人気の美容整形としても知られています。

しかし、全くダウンタイムがないというわけではなく、脂肪融解注射のダウンタイムとして考えられるのは痛みや腫れです。
痛みは、筋肉痛のような痛みが発生する程度なので、個人差はありますが基本的に私生活に影響を及ぼすようなものではありません。

顔への施術は注意が必要で、顔は腫れが出やすい部分でもありますので、顔を隠すマスクなどを用意して施術後のケアを上手に行っていきたいところです。

脂肪吸引ほどの即効性はありませんが、ダウンタイムの影響が非常に少ない割に効果が高いという治療法になりますので、人によっては脂肪融解注射でダウンタイムを気にせずに少しずつ痩せていった方がメリットが大きい場合もあるのではないでしょうか。

 

脂肪溶解注射JP
アフターケア・ダウンタイム|脂肪溶解注射NAVI

 

ダウンタイムは、施術後の生活について関係する部分でもありますので、上記のサイトも併用して情報収集は万全にしておきたいところです。